禅ってなに?スペシャル・リレートークのお知らせ

禅ってなに?スペシャル・リレートークのお知らせ

来る4月16日(土)に、六本木ヒルズカフェにて開催されます

「禅ってなに?」と聞かれると、「座ってください」としかいいようがありません。しかし、それでは禅僧失格なので、なんとか言葉で表現しようとしてきた歴史がある。

「愛ってなに?」と聞かれた時、みなさんだったら何と答えますか?やはり、今まで人を愛したことない人には答えられないと思うし、それを言葉で明確に表すのはとても大変です。たくさんの人がいればるだけ、答えもたくさんあるはずです。歌手は歌にのせ、俳優は演技にのせて、その言葉だけ表すことが難しいものを表現しようとしている。

それでも、やっぱり自分が愛されたり、愛したりすることが一番「愛」を理解できると思う。そして、愛をしった人は「愛されることのよさ」「愛することの素晴らしさ」をたくさんの人にしってもらう為に、様々な言葉と体験で表現されてきたのが「愛」であるから。

「禅」も同じかもしれない。たくさんの本が売られ、様々な言葉と体験で語り継がれている。しかもそれは、仏教の世界だけではない。茶道や武道、または観光にも通じるところがあるから不思議に思う。

臨済禅師が亡くなられて1150年、白隠禅師がなくなられて250年という節目の今年、六本木ヒルズという東京のど真ん中で行う「禅のイベント」

flyer1

第一部は、臨済宗円覚寺派・横田南嶺管長猊下と武者小路千家・家元後嗣の千宗屋氏の「禅の茶のこころ」。とてもわかりやすく、それでいて深いお話をくださる横田管長様と、国内を問わず海外でも活躍されている茶人・千氏の対談から、「禅」を感じて頂きたいです。

第二部、私の修行道場でもあり、NHK大河ドラマ『信長』で宣教師役とナレーションをされていたブライアン・バークガフニ氏と女優の鶴田真由さん。「聞くところによると・・・」と「オブリガート」と最後に挨拶していたのを憶えているかたもいらっしゃるのでは?カナダで生まれながら仏教に志し、専門的な修行道場で禅の修行されること9年。現在は長崎のグラバー園名誉園長をされているバークガフニ氏にとっての「禅」とは何か?鶴田真由さんにせまって頂きます。

第三部は、世界をまたにかけ活躍しておられる松山大耕師、精神科医でもあり、とても知的で丁寧な語り口の川野泰周師、マインドフルネスの研究を行われている熊野宏昭教授による「生きた禅あります!」です。色々な活動や研修をされている諸氏だからこそ、「禅ってなに?」という質問に繋がるヒントがたくさんありそうです。

会場の都合上、定員は各回110名となっております。申し込み受付は3月22日(火)からとなっていますので、ぜひ六本木ヒルズで「禅」の息吹を感じてください。

申し込みフォームhttp://www.myoshin-zen-c.jp/mail_form/index.htm

flyer2

金子みすゞを語る会

今日は、本NHKアナウンサーで、現在は「嬉しい言葉の種まき」をされてる村上信夫さんによる「金子みすゞを語る会」でした。30年以上金子みすゞさんを追いかけている村上さんお手製の脚本による朗読会。声で伝えるという可能性を再確認いたしました。

金子みすゞさんの言葉は、形容詞や美辞麗句など一切がそぎ落とされていて、飾られてない素直でストレートな表現が、胸に深くつき刺さるようでした。

詩の内容はどれも深く、その視点も斬新で、知っていたであろうことを、再確認させてくれるような・・・それでいて、とても素敵なものでした。

村上さん、そして参加くださった皆さんのおかげで素晴らしい会になりました。

ありがとうございました!DSC00471

DSC00474DSC00476