請其本務 【禅の言葉】

請其本務

IMG_2590

 

「不要不急」――

 

世界を巻き込む感染症の拡大防止のため、ある日突然、突きつけられた言葉。まるで、禅問答のように考えさせられました。

自分にとって不要不急であることでも、相手にとってはそうではない。また逆もしかりであることも痛感させられました。

大袈裟にいえば、宗教というものの存在価値も問われることとなり、私の身近なところでは、江戸時代から続いてきた地域の行事も、自分の僧侶としての核であると信じて続けてきた坐禅会も休止せざるを得ませんでした。

 

坐禅会にしても、法事にしても、命のリスクを犯してまで行うものではないという現実。坐禅にいたっては心と身の健康を願って行うものであるとするならば、当然の休止ということになります。今生きている人たちの命が第一であると考えれば、ほとんど全てのものが不要不急であるのです。

 

私は、以前行われた円覚寺・横田(よこた)南嶺(なんれい)老大師と対談されたスタジオジブリの鈴木敏夫さんの言葉を思い出すのです。

「本来、人間が生きていく上で、必要なものと必要でないものがあって、その伝で言えば、やっぱりジブリだって必要ないですよね。その気持ちは、映画を作るときにどこかで持っていないといけない。その上で人に何かを伝えるわけですから。本来、食べものを作るとか、生活用品を作るとか、そのほうが偉いに決まっているんですもの。それだけは自分に言い聞かせているんですけれどね」

                                                                                  「禅とジブリ」鈴木敏夫著 淡交社

 

鈴木さんは、「人間が生きていく上で大事なのは、やっぱり衣食住」と断言され、「『人類はすごい』なんておごり高ぶっていると、ひどいしっぺ返しに遭うんじゃないかな。『人類は幼い』とは大事な考えだと思います」と受けられていたのです。

当時、そこまで真剣に受け止めていなかったこの言葉も、今こういった現状の中では、ズッシリと私の心の奥底まで響いてくるのです。

 

先が見えない毎日の中、今までの価値観が崩され、いつまでこんな現状が続いていくかわからない閉塞感。人工知能がいくら進化しても、自然災害や感染症は予知も防止もままならない。そんな時代に生きていかなければならない私たちは、何を思って生きていかなくてはならないのでしょうか。

 

「請其本務」~請(こ)う、其(そ)の本(もと)を務(つと)めよ~

 

この禅語は、私が修行させていただいた京都・妙心寺を開かれた無相(むそう)大師(だいし)の遺言の一部になります。このご遺言は「御遺戒」として私たち臨済宗妙心寺派の僧侶はとても大切にしているのです。

 

この禅語は、あまり世に知られたものではないかもしれませんが、吉川英治著の『宮本武蔵』(新潮社)で、剣の道を究めるにあたり苦しんでいた武蔵が、その生涯の悩みから開眼するきっかけになる語として使われているのです。

 

自身の臨終にあたって、現在の妙心寺開山堂(玉鳳院)の井戸端で、弟子である微笑大師にむかって

 

「汝等請う『其の本』を務めよ」

 

と示された無相大師。無相大師が伝えたかった、私たちが務めなくてはならない「その本」とは、一体何なのでしょうか?

 

私はこの言葉こそ、その本であると信じています。

生ききる

 

 

これは、祖父・松原(まつばら)泰道(たいどう)の「生ききる」としたためられた色紙です。今でも私の人生の大切なコピーとなっています。

 

百一歳でなくなる直前まで講演をし、机で原稿用紙と向き合っていた祖父は晩年、常に「生ききる」という言葉を大切にしていました。「生きる」に「き」を一文字付け加えるだけで、一生懸命生きていると言うことが表れる、とても素晴らしい言葉です。例えば「走る」と「走りきる」では、その決意や意欲が全然違うように。

 

「其の本」とは、禅僧が坐禅することでも、それぞれの仕事や役割をこなすことでもなく「一生懸命に生きること」に他なりません。

寝ることも、食べることも、遊ぶことも、働くことも、何もかも全てが、私たちが務めなければならない大切なことなのです。そして、ただ単に行うのではなく、それらを一生懸命に行うことを忘れてはならないのです。

 

つまり一日一日を、かけがえのない時間として大事に、一つ一つの事柄を大切に生きていく。それこそが、無相大師が「請う、其の本を務めよ」という禅の言葉に込められたメッセージだったのです。

無相大師の御遺戒には続きがあります。「誤(あやま)って葉を摘み枝を尋(たず)ぬること莫(な)くんば好(よ)し」と。間違っても枝葉ばかり追っかけてはいけないよと厳しく示してくださっているのです。

 

小説の宮本武蔵も、導いてくださった禅僧に御礼とお詫びを告げようと後を追おうとして、「それも枝葉‥」と思い止まります。御礼やお詫びを告げるよりも、その指し示してくれた道を自分自身で全うすることが大切だと思ったからだと私は思うのです。

 

 

「枝葉末節」という言葉があるんだけれど、ここへ来て、みんながこだわっているのは枝葉どころじゃない。僕は強くいいたいのですが、「木を見て森を見ず」どころか、枝葉、そして現代がみているのは葉脈です。この先はもうないと思うんです。そうすると、揺り戻しが来る気がして仕方がない。僕の期待が入っているかもしれないけれど。何で、みんな自分たちで住みにくくしているんですかね。

「禅とジブリ」淡交社

 

鈴木さんのおっしゃるとおり、私たちは枝葉にばかり、葉脈ばかりを気にしすぎているのかもしれません。こういう時だからこそ、少しだけ遠くを見ることができる視点が必要なのです。

 

どうしようもない困難に突き当たる時――

 

枝葉ばかりに気をとられずに、自分の出発点ともいえる、その「本」を探してみましょう。自分の「本」さえ見失っていなければ、その着実な一歩こそ、かならず幸せに続いているはずです。

いつか必ず来る夜明けに向かって、今できることを探していくことが大切なのです。

 

目の前が真っ暗で見通しがつかない時ほど、明日を見つめて、目の前のこと、一つ一つを愛おしく生きていく――

 

その今の積み重ねこそが、未来となることを、今回の禅の言葉は教えてくれるのです。