おんな城主・直虎の禅語③ 「一日不作一日不食」

「一日不作一日不食」~一日作さざれば、一日食らわず~

 ※「いちにち」、「いちじつ」読み方にはそれぞれ読み癖があり、どちらが正しいかは言い切ることはできません。

龍潭寺に入門した次郎法師が、兄弟子である昊天さんにかけられた言葉です。道場での生活について初心者なのに丁寧に教えてもらえず、それこそ「背中を見て学べ」と突き放されてしまい、かわいらしい次郎法師がとてもかわいそうに思えるシーンでした。 

賛否両論あると思います。けれども、親切丁寧に教えてもらえない世界は、たくさんあると思います。実際体験したことはありませんが、芸能や芸術の世界、職人さんの技など、それこそ命がけで尊敬する師匠から、技を見て盗んでいたのではないでしょうか。

この修行で大切なのは、「物事を注意深く見る眼」だと思うのです。当たり前のように繰り広げられている日常のシーンを、事細かに観察していく、心を置いて直視していくことこそ、自分自身の成長に繋がるという想いがあるのです。 

2500年前にインドで生まれた仏教は、中国に伝えられ「禅」という形で定着していきました。それまでの仏教は直接的な生産活動はしていなかったのですが、修行者が一カ所のお寺に大勢集まるようになると、「作務」という修行がはじまります。坐禅修行するかたわら、自ら畑を耕し、鍬をとり、斧を振るって、米を搗(つ)くという生活に変化していったのです。

 

百丈懐海禅師という中国の高僧の言葉です。百丈禅師は、80歳を過ぎても作務を怠りません。弟子達は体調を気遣って、百丈禅師が作務をできないように、道具である箒や鍬を隠してまうのです。百丈禅師はやむなく作務をあきらめて部屋に帰ります。しかし、それ以後、食事をとりません。心配した弟子達は「和尚、お加減でも悪いのですか?」とお伺いをたてます。百丈禅師は答えるのです。

 

「一日不作一日不食」と。

 

この言葉は、「働かざる者食うべからず」の意味ではありません。働くことは食べるために行うものではなく、「作務(務めを作す)」なのです。修行僧にとって「作務」は、仏道の実践に他ならないのです。百丈禅師は一日働かなかったから食べなかったのではなく、一日仏道の実践をおろそかにしたから、食べられなかったのです。

 

自分一人では生きることができないのが、この現実社会です。私たちは、生きていく以上、何かを食べなくてはなりません。私たちは食べなければ生きていけない以上、どう自分自身の「務めを作()す」べきか、この言葉と向き合っていただければ幸いです。