盤珪国師の残されたもの ~円覚寺管長さまとの対談より~

先日の円覚寺管長さまとの対談で、「盤珪さんには弟子が育たなかった」という表現をさせていただきました。この言葉は、通説になっていますが、私は全てが正しいとは思っていません。私の預かる龍雲寺のご開山は節外祖貞禅師。この方は盤珪国師の高弟であり、直接法を受け継がれた弟子中の弟子ということになるからです。

しかし、盤珪さんの系統が比較的早い段階で途絶えてしまったことは、紛れもない事実です。対談の中で横田老師もおっしゃったように、大梁祖教禅師(網干・龍門寺二世)や融峰祖円禅師といった、盤珪さんの期待を背負われた立派なお弟子方が、早世されたことも間違いなくその一因です。

また、公案(禅問答)を否定されていた盤珪さんは、白隠禅師のように公案を用いての弟子の指導ができなかったこともその理由であると考えられています。この盤珪さんと公案については、次回のブログにあげさせていただくこととします。

「不生」の一文字ですべてがととのう――

ありのままでいい。厳しく苦しい修行などは必要ない。この宗教者・盤珪さんの慈悲心が違う形で、お弟子さんたちに届いてしまっていたのではないか。結果的に直接のお弟子さんたちはともかく、孫弟子の代になると白隠禅師から痛烈に批判される結果になったのです。

それでも、白隠禅師は不生禅を批判されることはあっても、盤珪さんを名指ししての批判は見受けられません。カリスマ性をもたれ、平易に禅の布教を行い、当時行き詰まり状態であった日本の臨済宗に風穴をあけられたことは間違いないと思うのです。

「やはり、盤珪さんの禅の流れは消えてしまったのか・・・」

事実、現在の臨済宗は、全て白隠禅師の流れに属しています。その流派も残されていません。それでも、横田老師の語録の提唱や、鈴木大拙先生のご著書、その影響を受けられている方々の言葉に出会うたびに、私は思うのです。

ここに、盤珪さんの禅は生きていると。

もしかすると盤珪さんは、こうなることをご存じであったようにも思えるのです。

 

※円覚寺さまのYouTubeチャンネル

円覚寺・横田南嶺老大師が盤珪さんに対する想いをお話になられています。

 

鎌倉・円覚寺様のYouTubeチャンネル

みなさまいかがお過ごしでしょうか?

先日、鎌倉の円覚寺管長・横田南嶺老師さまと円覚寺様のYouTubeチャンネルで対談させて頂きました。

宗門の管長さまであり、大先輩でもあり、花園大学の総長もお務めくださっている横田南嶺老師。とても緊張して、自分の敬語が変な風になってしまってます。

私の敬語は置いておいて、管長さまのお話はすべてが調っておられ、いつも大きな答えと多くの宿題をいただきます。全4回シリーズになっています。

ぜひ、ご覧くださいませ。

オンライン坐禅会ご参加の皆さまへ

zoom配信の都合や、保険もかねてYouTubeライブでも同時開催する予定です。

スピーカービューにして動画は即削除するつもりですが、気になられる方はビデオのオフ、お名前の変更をお願い申し上げます。
ご覧になられる方は、開始時刻になりましたらYouTubeで「野沢龍雲寺」を検索してください。数分の誤差が予想されます。

野沢龍雲寺 オンライン坐禅会 定期開催のお知らせ

毎週日曜日行っておりました洗心坐禅会を、昨今の事情を鑑みオンラインに移行して、次のように行わせていただきます。

毎週日曜日 朝7時30分から およそ1時間(遅刻早退可能)

坐禅の説明(5分)→一炷(25分)→住職の話(5分)→一炷(25分)

→読経(白隠禅師坐禅和讃)

※白隠禅師坐禅和讃は、あらかじめホームページからダウンロードしてくださるとお唱えやすいです。

ご参加はこちらから

Zoomミーティングに参加する
https://zoom.us/j/4910949906
ミーティングID: 491 094 9906
※音声はミュートにさせていただいております。
※チャットや画面共有もロックされております。
同時刻よりYouTubeのライブでも参加できます。「野沢龍雲寺」とYouTubeで検索してください。
「坐禅してよかった」と思っていただける時間を共有できれば幸甚です。
ぜひ、ご参加ください。

野沢龍雲寺 オンライン坐禅会についてのご連絡

【野沢龍雲寺 オンライン坐禅会についてのご連絡】
明日、午前7時30分よりzoomで行う予定です。
zoomのIDは龍雲寺HPのブログよりお願いします。

http://ryuun-ji.or.jp/blog/

zoom以外の方にも対応させていただくため、同時にYouTubeライブも行います。
こちらは、時間になりましたらYouTubeで「野沢龍雲寺 オンライン坐禅会」と検索していただくと繋がります。(その予定です)
※画面が配信される可能性があります。ビデオをOFFにして参加されれば、その心配はありません。

25分の坐禅を二回、その間に5分ほど住職の話があります。最後に「白隠禅師坐禅和讃」を唱和して終了となります。

何があるかわかりませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。