大澤山龍雲寺
龍雲寺の歴史
龍雲寺について
龍雲寺の歴史
境内案内・散策
花園会報
龍雲寺坐禅
龍雲寺法話
龍雲寺写経
洗心坐禅会へのお誘い
花園法話会へのお誘い
写経会へのお誘い
臨済宗妙心寺派 大本山妙心寺
東京禅センター

龍雲寺の歴史

節外大和尚龍雲寺は元禄十二年(1699年)、盤珪禅で有名な大法正眼国師 盤珪大和尚(だいほうしょうげんこくし ばんけいだいおしょう)の法嗣、特賜大慈妙應禅師 節外大和尚が、麻布の光林寺から隠居するために現在の龍雲寺墓地付近(現在の旭小学校敷地内)に寺領三十町歩を有する大澤山龍雲寺を建立したのに始まります。本尊は盤珪国師作の聖観世音菩薩といわれています。諸堂伽藍が完備し、禅宗寺院として様相が整ったのは、二世霊源和尚の時であります。 安政二年(1855年)、大地震のため伽藍は大破し、復旧が不可能となり、当山の別院でありました野澤三ノ四十番地(現環状七号線沿線)に移りました、その後無住時代が続いたために復興ははかどらず、また記録は悉く紛失して荒廃に帰してしまいました。その後明治三十年以来、第九世禅海和尚などにより徐々に修復し、禅寺の体裁を整えて来ましたが、龍雲寺伽藍の復興は歴代住職の悲願でありました。そして第十世宗源和尚の代になって復興を決意、野沢三ノ三十八ノ一の現在地に約2,000坪を確保しました、松、公孫樹等を植え、それを守り育てて三十年、遂に昭和38年に起工。昭和40年には鉄筋コンクリート平屋造りの本堂をはじめ、山門、鐘楼、庫裡の諸堂を完成し、輪奐を新たにしました。 次いで、昭和49年には木造建築による客殿が完成、妙心寺の妙心寺専門道場前師家暮雲軒近藤文光老師によって『南薫亭』と名づけられました。また、当山の中興開山ともたたえられる代十世細川宗源和尚の像も建立され、子どもたちの幸せな育成を祈念して『子育て地蔵尊』も開眼されました。現在では鬱蒼と繁る林の中に都塵を忘れ、坐禅会、法話会、写経会、御詠歌の会なども行っています。
1964年頃の龍雲寺聖観世音菩薩南薫亭茶室
1964年頃の龍雲寺盤珪国師は盤珪永琢(ばんけいようたく)といい、白隠と並び称されるわが国の臨済禅傑の一人です。1622年、播磨揖保郡浜田村(現姫路市)に生まれ、1638年(寛永15年)に、姫路の近く播州赤穂随鴎寺の雲甫禅師について得度しました。諸国に遊学し、1650年(慶安3年)には長崎の崇福寺に明の道者超元を訪ねて学びました。1654年(承応3年)には備前の三友寺に住して岡山の藩士に教化を及ぼし、平戸藩主の松浦鎮信、大洲藩主の加藤泰興、丸亀藩主の京極高豊の帰依を得ました。後に郷里の浜田に龍門寺を創立、1672年(寛文12年)には勅によって妙心寺の住持になっています。多くは龍門寺にあって各地を歴訪し、江戸には麻布光林寺を開創しています。 盤珪国師の禅は、白隠の一箇半箇に対して「不生禅」といわれるもので、難解な禅を排して、通俗平易な言葉で説法に努めました。 特に代表的な著作は「盤珪仏智弘済禅法語」二巻がありますが、各地歴訪の折々に、請に応じて一般聴衆のために説法された内容をそのまま筆記した仮名法語であります。通俗的な言葉や表現を用いてあります。当時の人々にとっては、国師の親切丁寧な仏心宗の妙旨「不生禅」が、従来の難解な禅法より親しみ易く、多くの老若男女が帰依しました。 1690年(元禄3年)仏智弘済禅師の號を賜り、諡は正眼国師です。1693年(元禄6年)、72歳で示寂されました。  「身どもが申す不生なが仏心、仏心は不生にして霊明なもので、不生で一切事が調ふて、不生で一切をば働く人は、人を見る眼が開けて、みな人びと今日の活仏じゃと決定する」
copyright