大澤山龍雲寺
龍雲寺禅に学ぶ
龍雲寺坐禅
龍雲寺法話
龍雲寺法話禅語集
洗心坐禅会へのお誘い
花園法話会へのお誘い
写経会へのお誘い
臨済宗妙心寺派 大本山妙心寺
東京禅センター

[011] 他は是れ吾に非ず

他是非吾(典座教訓)

道元禅師(1253年没)が中国の天童山で修行中、一人の老僧の典座(台所で雲水たちの食事を作る役)から教わったことを書き記した『典座教訓』の中にあります。
「山僧天童に在りし時・・・・・典座仏殿の前に在りて苔を晒す、手に竹杖を携え頭に片笠無し、天日熱し地甎熱す、汗流れ俳徨すれども力を励まして苔を晒す、稍苦心を見る、背骨は弓の如く、ほう眉は鶴に似たり、山僧近く前みて便ち典座の法寿を問う、座云わく六十八歳、山僧云く、如何んぞ行者人工を使わざる、座云く、他は是れ吾に非ず」
―――昔、私(道元禅師)が中国の天童山にあって修行中の話しです。一人の老いた典座の僧が仏殿の前で苔、すなわち椎茸を日に干しています。杖にすがってやっと身を保っている様子で、しかも頭には笠もかぶらず、夏の暑い陽射しが照りつけ、敷瓦も焼け尽きるようです。老僧の額からは汗が流れ落ちるが、一生懸命椎茸を干し続けます。見るからに苦しそうです。背は弓のように曲がり、眉は鶴のように白い。私は大変気の毒に思い、老僧の年を聞くと、六十八歳という。何故、下働きの寺男を使わないのかというと、「他は是れ吾に非ず」ピシャリといわれます。
「他は我に非ず」――――他の人に何事でもしてもらっては、「自分でしたことにならぬ」というわけです。自分が眠たいとき、他人がいくら眠っても眠気はとれないものです。他人がこれほどご馳走を口にしても、少しも自分の腹の足しにはならぬのです。
自分に課せられた宿題は、他人に説いてもらっても何の役にも立ちません。
「人ノ水ヲ飲ンデ冷暖自知スルガ如シ」という言葉があります。水の冷たさは、たとえ千言万語を費やしても説明することはできません。無図を飲む者、自らが知るのです。他は是れ吾に非ず、同じ消息です。
先日の朝日新聞に、十六歳の女子高生の投書がありました。彼女の友人がビルの階上から飛び降り自殺します。彼女には大きなショックを受けます。「先生も職者も強く生きなさいという」けれど「人間は何のために強く生きなければいけないのか」。「人間に生まれて、生きる目的もなく、ただ名利だけを追い求める人生であってよいのか」と問いかけ、「誰か教えてください。本当の人生の目的を」と結んでありました。
数日後、同紙に三百五十通の意見が寄せられ、数篇の投書が発表されました。どれも真剣に人生を考えた傾聴に値する意見でした。
しかし、「誰か教えてください。本当の人生の目的を」――果たして人から教えてもらった人生の目的で、満足できるのでしょうか。納得できるのでしょうか。他の意見は所詮、他人のものです。 彼女自身のものではないはずです。
「本当の生きる意味は暗中模索、試行錯誤、生きてゆくプロセスの中で自分なりに把握することではないでしょうか」「万人共通の目的などあるわけはありません。一人ひとりが一生かかって自分なりの目的を見つけ、それに向かって努力していくものではないでしょうか」――と。
山本有三さんの誌にあります。
たった一人しかない自分を  たった一度しかない人生を
ほんとうに生かさなかったら  人間に生まれて来たかいがないじゃないか
「他は是れ吾に非ず」―――所詮、私は私だけの私です。大切に生きてゆきましょう。

copyright