大澤山龍雲寺
龍雲話寺禅に学ぶ 法話
龍雲寺坐禅
龍雲寺法話
洗心坐禅会へのお誘い
花園法話会へのお誘い
写経会へのお誘い
臨済宗妙心寺派 大本山妙心寺
東京禅センター

法話 | 禅語集

ここではさまざまな禅語や、私の著書からの抜粋を[禅語集]として。日常的な法話や書画の解説などを[日々の法話集]として紹介致します。何かひとつでも 皆様の心に響くものがあれば幸いです。

閑栖住職 細川景一

禅語集

無門関

[032] 青原白の酒三盞、喫し了わって猶お道う未だ唇を沾さず

碧巌録

[031] 寒時は闍黎を寒殺し、熱時は闍黎を熱殺す

[030] 花は愛惜に従って落ち 草は棄嫌を逐うて生ず

[029] 羸鶴寒木に翹ち、狂猿古台に嘯く

碧巌録

[028] 始め芳草に随って去り、又落花を逐うて回る

碧巌録

[027] 有る時は奪人不奪境、有る時は奪境不奪人、有る時は人境倶奪、有る時は人境倶不奪

[026] 幾時か熱と苦しみて清風を念う、九月西風落葉を驚かす

少林無孔笛

[025] 放下著 (ほうげじゃく)

五家正宗賛

[024] 独坐大雄峰(どくざだいゆうほう)

碧巌録

[023] 是れ一番寒骨に徹せずんば争か得ん梅花の花を撲って香しきことを

槐安国語

[022] 松に古今の色無く、竹に上下の節有り、梅自ずから発いて清香あり

五灯会元

[021] 無事是れ貴人

【白馬蘆花に入る -禅語に学ぶ生き方-】 細川景一 著より

[020] 野火焼けども尽きず、春風吹いて又生ず

【白馬蘆花に入る -禅語に学ぶ生き方-】 細川景一 著より

[019] 水を掬すれば月手に在り、花を弄すれば香衣に満つ

【白馬蘆花に入る -禅語に学ぶ生き方-】 細川景一 著より

[018] 看よ看よ臘月尽く

【白馬蘆花に入る -禅語に学ぶ生き方-】 細川景一 著より

[017] 六月に松風を買わば、人間恐らく価無からん

【白馬蘆花に入る -禅語に学ぶ生き方-】 細川景一 著より

[016] 南泉和尚猫を切る

碧巌録

[015] 破襴衫裏に清風を包む

【枯木再び花を生ず -禅語に学ぶ生き方-】 細川景一 著より

[014] 梅花五福を開く

[013] 風暖かにして鳥声砕け、日高くして花影重ねる

【白馬蘆花に入る -禅語に学ぶ生き方-】 細川景一 著より

[012] 独り来たり独り去りて、一も随う者無し

【枯木再び花を生ず -禅語に学ぶ生き方-】 細川景一 著より

[011] 他は是れ吾に非ず

典座教訓

[010] 碧落を衝開す松千尺 紅塵を截断す水一渓

五灯会元

[009] 楓葉は霜を経て紅なり

[008] 籠頭を脱却し角駄を卸す

碧厳録

[007] 無功徳

碧厳録

[006] 平常心是れ道

【白馬蘆花に入る -禅語に学ぶ生き方-】 細川景一 著より

[005] 吾が心秋月に似たり碧潭清うして皎潔たり

寒山詩

[004] 慧玄が這裏に生死無し

【白馬蘆花に入る -禅語に学ぶ生き方-】 細川景一 著より

[003] 花は根に帰ると聞けば 我も又生まれぬさきの里に帰らん

 

[002] 天下の人の与に蔭涼とならん

【白馬蘆花に入る -禅語に学ぶ生き方-】 細川景一 著より

[001] 薫風自南来、殿閣微涼を生ず

【枯木再び花を生ず -禅語に学ぶ生き方-】 細川景一 著より

copyright