野沢稲荷神社の御神輿。

| トラックバック(0)
P8240003.JPG

今年も野沢稲荷神社の御神輿が龍雲寺にやってきました。

前日のお宮では、屋台がでたりビンゴ大会などがありました。神社でのビンゴはおみくじみたいな緊張感があってドキドキしましたが、私もなんとかテッシュを当てることができました。ありがとうございました。

昔は御神輿の日になると、地元のおじさん達が朝5時くらいから集まって、お寺の台所でしょっぱい塩にぎりを沢山作っていました。神輿を担ぐには塩分も必要だったのでしょう。おじさん達の中には作り終わった頃に「これだけ作っていると、手がキレイになるな」と言って、皆さんと笑っていました。私も35才ですから、あれから30年くらいたつんですね。

お寺と神社の組み合わせは不思議に思われるかも知れません。そもそも日本は八百万の神々が尊ばれていた世界でありました。そこに朝鮮半島から仏教が伝来してお互いに共存して、日本の仏教が作られて来たわけです。神仏混交・神仏習合とも言われますが、仏教と神道とが敵対せずに尊崇されているという日本らしい素晴らしいところです。

だからこそ、お寺としても御神輿が来て下さると嬉しいし、お宮のお祭りにも参加する。これが日本の良さであり、守り続けていかなくてはと私は思っています。

地元の方はもちろん、若い方も沢山参加して、とても盛大な御神輿でした。稲荷神社の関係者もたくさん知っている方がいて、野沢という地域の素晴らしさが実感できました。

盆踊りが終わって、野沢稲荷の御神輿が終わると、いよいよ夏も終わり秋の足音が聞こえてきます。


P8240006.JPG


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://ryuun-ji.or.jp/movabletype/cgi-bin/mt-tb.cgi/82


龍雲寺

東京禅センター

プロフィール

龍雲寺スタッフ

2014年9月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30